生産ラインの生産技術|自動車生産設備|生産技術コンサルティング|マイクロ波加熱システム

Careers

日本ハイコムの社員教育制度

日本ハイコムでは、入社年数、経験等に応じて階層別社員教育、研修制度を設けています。
階層別社員教育では、配属された事業部の業務内容に沿って、3つの階層別クラスを設けて、技術及びビジネスの専門知識と実経験が豊富な専門講師が、社内研修を実施しています。
又、入社時は、約1週間程度の入社時研修にて、一般的な社会人としての心構え、マナー、日本ハイコムの社員としての知識等の研修を実施しています。

  • image

    ビジネス、技術の専門知識と経験が豊富な講師による研修  

  • image

    階層別社内研修の様子

  

【若手層】 NEXT勉強会

学校で学んだことを自分で消化し、仕事の現場で通用する知識として体系化することは難しいものです。
そこで、日本ハイコムのエンジニアリング業務を遂行するのに必要となる基礎的技術知識を学ぶ場を設けました。
まず、
1. 図面の読み書きから入って、現場で必要となるポンチ絵、基礎的な設計技術
2. 自動車車体の生産技術
3. プロジェクト管理技術
と進みます。

工学的な原理原則を理解・体得するためのOff-JTの役割を担っています。


【中堅層】 仕事のやり方標準化チーム(勉強会)

このチームは、プロジェクトのサブリーダーを担う様なクラスとなる中堅をメンバーとしたもので、自分達の「仕事のやり方」の標準化を進める事を目的に発足しています。
「モノ」についての標準化と区別するため、“仕事のやり方”を強調したチーム名となっています。標準化を進めるためには、自分達の業務遂行についての問題や専門技術などについて、幅広く知っている必要があります。
そうした知識の厚みを増すため、少しでも多くを学ぼうと、チーム会合の大幅の時間を自ら学ぶための勉強会に割り当てています。

メンバーの業務上の問題を解決できる能力となる - 「業務遂行能力」+「問題解決能力」を強化します。

【リーダー層】 後進育成勉強会

社内各職種ごとのリーダー格が集まる勉強会で、自部署の専門技術知識をレベルアップしつつ、後進(自分の後釜)育成を第一目的として、伝承すべき知識の明確化、伝承に必要な業務遂行の仕組み化について、自ら学ぼうとする勉強会です。

部門間の関連付けをしながら、自社の業務展開をどのようにやるか高いレベルで検討し、方向性を示すことも行われています。

将来の組織・技術課題を創造し、企画立案し、組織的に解決しようとすることにも取り組みます。


Copyright (c) Japan High Comm Co.,Ltd.. All rights reserved.