生産ラインの生産技術|自動車生産設備|生産技術コンサルティング|マイクロ波加熱システム

マイクロ波解凍装置/マイクロハイテック「解凍」

食品用マイクロ波加熱システム
マイクロハイテック「解凍」は、マイクロ波によるハイコム独自の高精度温度コントロールシステムで、食材を「短時間」で「均一温度」解凍します。従来方法では2日掛かっていたバターの解凍も、5分で解凍できます。

解凍装置

image ■均一温度で美味しく高品質解凍
・独自の温度コントロールシステムで、食材・食品を目標温度に解凍。
・風味、旨味、食感、色、鮮度を維持して、美味しく解凍。
・ドリップ無しで美味しく解凍。
■短時間ジャストインタイム解凍で、コスト削減
・冷凍庫からダイレクトにマイクロ波装置に投入するので、解凍庫(室)
 不要。    
・見込み解凍をゼロにできるので、廃棄ロスによるコストをゼロ化。
・仕込みの為の人件費削減に貢献。
■様々な食材対応
・魚類、肉類、パン類、野菜・芋類、油脂(バター、マーガリン)等、
様々な食材に対応。

マイクロハイテック「解凍」の実例紹介 

[実例1] 短時間解凍 -マイナス20度の冷凍鮭フィーレを、4分30秒でマイナス5度に解凍!

imageマイクロ波でマイナス20度の鮭を、4分30秒で
マイナス5度に短時間解凍!

・マイクロ波で解凍直後に、包丁で簡単に切れる温度に解凍します。
・1台で多品種の解凍に対応できます。
 例:鮭フィ-レ、小型魚、イカ等
  • image

    解凍直後の鮭フィーレ

  • image

    解凍後、即包丁でカットできる

  • image

    短時間で鮭切り身完成

[実例2] 短時間解凍と加熱殺菌-1台のマイクロ波装置でしらすの解凍と加熱殺菌の両方を実現-

image1台のマイクロ波装置で、シラスの解凍と加熱殺菌の両方を実現!
わずか5分の短時間解凍

【解凍】
・ドリップ無しの解凍で、高品質仕上り。
・短時間でシラスをシャーベット状に解凍。
・マイクロ波で、マイナス20度の冷凍しらすブロックを、5分でマイナス3度に解凍
【加熱殺菌】
・2次加熱(包装した状態)に最適。
・2次加熱のため、2次汚染の心配なし。・味が落ちず、変色もしません。
  • image

    解凍前のしらすブロック

  • image

    5分でマイナス3度に解凍

  • image

    変色しません

マイクロハイテック「解凍」装置のご紹介

  • image

    マイクロ波小型解凍機/冷凍パン解凍機

  • image

    マイクロ波解凍装置/鶏肉解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/ブロック肉解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/冷凍パン解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/しらす・魚フィーレ解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/さつまイモ解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/すり身解凍

  • image

    マイクロ波小型解凍機(店舗用)/焼肉解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/冷凍カット肉・豚肉解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/すり身解凍

  • image

    マイクロ波小型解凍機(店舗用)/焼肉解凍

  • image

    マイクロ波解凍装置/冷凍カット肉・豚肉解凍

様々な食材に対応できます!

  • image

    牛肉

  • image

    豚肉

  • image

    鶏肉

  • image

    刺身

  • image

  • image

    海老

  • image

    剥き貝

  • image

    イカ

  • image

    焼き鳥

  • image

    バター・マーガリン

  • image

    パン

  • image

    ケーキ

  • image

    パスタソース、タレ、原料類

  • image

    スープ

  • image

    寿司、ご飯

Copyright (c) Japan High Comm Co.,Ltd.. All rights reserved.